プロフィール

りぷとん

Author:りぷとん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの学生時代で小学校の頃のお話なんだけどね。
小学校の一年生のときってみんなで歩いて登校したり帰ったり初めのうちはするよね。

ランドセルの裏に交通安全のやつを貼ってさ。
可愛らしいよね、あの光景は。

一年生の初めのうちの工作的な授業がすごい楽しかった。
何かちょっとした棒みたいなのを組み合わせて楽しいものを作るんだ。

粘土の授業もあってあれもすごい好きだった。
あれはどういう意図があって文部省は行っていたんだろうかと今でも思うよ。
やっぱり手先を器用に成長するためにやっていたんだろうか。

手先を器用に使えるようにすることによって脳がすごい発達するっていう研究結果があったような気がする。

最近のテレビ番組でよくやっているけどさ、教育熱心な人は赤ちゃんの頃から将来の東大を目指して赤ちゃんの基礎能力を向上さそうとしているんだね。

確かに若くしてから英語とかを覚えらしたほうがすぐに身につきやすいんだってさ。

大人のガチガチな脳になってしまったら入るものも入りにくくなってしまうんだって。

今、わたしが大人になって言えることは子供のときから勉強は熱心にやるべきだっていうことかな。

小学校で楽しかった思い出の一つに運動会があるね運動会ってやめられないよね。

わたしは走るのが得意だったからいっつも一位か二位だった。

走るのって小学校に入る前から速いとか遅いって決まっているような気がしていたんだけど、それは違うってことが小学校のリレーで分かったね。

低学年の頃は一位か二位だったんだけどだんだん三位とか四位とかになっていたんだ。

やっぱり小学校の低学年でちょっとご飯を食べ過ぎちゃったのかな。
小学校三年生にもなると若干メタボになっていったね。

するとコツコツ努力していった子がどんどん足が速くなっていくんだよね。
けど小学生ながらわたしもプチダイエットを始めたの。

その続きは次にお送りしま~す!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。